インターネットFAXのデメリットとはなに?

インターネットfaxにデメリットなんてあるの?

メリットが多くて、ビジネスとしても利用されているインターネットFAXですが、インターネットfaxデメリットもあります。どんなデメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

インターネットfaxのデメリットとは?

まず、インターネットFAXはインターネット回線を利用して行われているため、圏外といった環境では利用できないというデメリットがあります。圏外ではメールの送受信が行えないので、インターネットFAXも同じように使うことができないということです。それから、インターネットFAXが受信メールが大量に送られてきた場合、受信されたファックスが他のメールに埋もれてしまい、大事な仕事のメールを探しづらかったり、確認できなかったりといったデメリットがあります。そして、これはインターネットFAXサービスによって異なりますが、通常のメールと同じように相手にきちんと届いたのか確認できないというデメリットです。自分ではメールを送ったつもりだったとしても、届いていなかったという事態は考えられるため、大事な書類を送る場合は相手側に確認した方が安全でしょう。そしてこれは通常のメールであっても複合機によるFAXの利用でも同じように言えることですが、宛て先を間違えると別の場所に届いてしまうことがあるということです。また、重要な書類を誤送信すると大変なことになってしまうので、インターネットFAXを使うという場合は、あらかじめ宛て先をきちんとインターネットファックス比較確認してから使用しましょう。